精力剤飲んで風俗へ

誰かのということじゃないんですよ

風俗は誰かのためにじゃなく、あくまでも自分のために楽しむものだと思っていますので、リラックスして楽しませてもらっていますけど時には力みますね。それはホームページで美人風俗嬢を見かけた時です。いつもあまり力まずにリラックスして楽しみたい。風俗はリラクゼーションだ。そんな気持ちですけどホームページやポータルサイトでうっかり美人を見つけようものなら自然とそこから力が入ると言うか、絶対に楽しむしかないだろうって気持ちになっていくのは間違いないんですよね(笑)男としての本能を刺激されるってことだと思いますので、それもある意味では仕方ないんじゃないかなって思いますし、その刺激によって自分の満足度もかなり高くなるのは間違いないだけに、やっぱり風俗って捨て難いと言うか、楽しんでこその世界だよなって気持ちはありますよね(笑)むしろそれをあれこれ考えることこそが、何よりも面白いんじゃないのかなって思いますし。

競争があるからでしょうかね

これだけ風俗嬢たちが自分を含めたお客に対して良くしてくれるのは、仕事だからと言われればそれまでですけどそれ以上に風俗業界の競争原理がそうさせているのかなって思いますよね。だってとにかく凄いじゃないですか。ポータルサイトを見れば分かるように、今風俗の数は物凄いことになっています。風俗で遊ぼうって思ってポータルサイトを見ても、事情が良く分からない人にとっては誰を指名すれば良いのかよく分からない状況なんじゃないのかなって思うんですよね(笑)それくらい風俗が多いんですけど、でも誰を選んでもそれなりの楽しさが待っているんじゃないのかなとは思いますけどね。それはやっぱり競争原理がそうさせているのかなとは思うんですよ。相手に対してどれだけのことが出来るのか。その点までしっかりと考えていると思いますので、風俗で遊ぶのであればあんまりあれこれ細かいことを考えなくとも、きっと思い切りいろいろなことを楽しめるんじゃないのかなって。